データ管理 - Mixpanel
データ管理

データをクリーンで利用可能な状態に保つ

データを簡単に定義、管理、変換します。追跡するユーザーの行動に関する多くのコンテキストを持つ信頼できる基盤を作成することで、誰でも正確な分析を行い、データを使用して的確な判断を下すことができます。

DataManagement
イベント、プロパティ、コホートを定義する
重複した不正確なデータを修正する
CSVアップロードを用いてデータを拡充する
icon-context
データディクショナリ

データの民主化を実現する

データは乱雑なものになることもありますが、Mixpanelを使用することで整理することができます。重複するイベントをマージする、不要なイベントを削除する、会社全体の人々が自信を持って分析できるように記述を追加する、といったことを行います。

サンプルデータでMixpanelを試す
data-dictionary
logo-ringcentral

さまざまなデータポイントが何を表しているのかを理解できることは、チーム全体のデータの民主化を実現する上で非常に重要です。Mixpanelは、必要に応じて、イベント名や定義を変更し、エンジニアリングリソースを必要とせずに実装の問題を解消できるように、データの管理を容易にしました。

Tom Markworth氏 プロダクト担当シニアディレクター
icon-table
ルックアップテーブル

Mixpanel内のデータを拡充する

欠落しているデータをMixpanelにアップロードし、既存のイベントやユーザープロパティに紐付けて、アドホック分析に活用してプロダクトに関する最も難しい質問に答えられるようにします。

詳しく見る
lookup-table
icon-api
スキーマAPI

トラッキングプランに厳密に従う

Mixpanelを利用して追跡するすべてのイベントとプロパティのメタデータ(名前や記述など)を自動的に同期させることで、実装がトラッキングプランに沿うようにします。あるいは、Segment Protocols、mParticle Data Plans、Iteratively、Avoなどのツールからスキーマを直接インポートします。

詳しく見る
schemas-api
data-views-icon
データビュー

データアクセスを簡単に制御する

1つのプロジェクト内にフィルター処理されたデータ ビューを作成して、実装をクリーンに保ちます。チームが自分に関連するデータのみを見て、データを機密として分類して、必要なユーザーのみがアクセスできるようにします。

詳しく見る
data-view

より良いプロダクトを生み出す

より多くのユーザーのコンバージョン、エンゲージメント、リテンションをサポートする強力なセルフサービス型のプロダクトアナリティクスです。