Blog - Mixpanel
カテゴリーなし

プロダクトアナリティックスとマーケティング分析の違い、そしてなぜ両方も必要なのか

このブログは、ベルギーのブリュッセルにあるデータ駆動型のマーケティングエージェンシーであるSemetisによって書かれています。 Semetisは、スタートアップやスケールアップから大手企業まで、さまざまなタイプの企業と協力して、ビジネスのデジタル面の成長と加速を支援しています。 成功するには、組織はより多くのデータを必要とします。 さらに重要なことは、そのデータを解釈し、組織全体で実用的なイノベーションを推進するための適切な種類のソリューションが必要です。 お客様がデータをよりスマートに活用できるよう支援することに重点を置いたマーケティングエージェンシーとして、私たちはデータで成功を「成長ハック」しようとしている多くのお客様と協力しています。 これは優れた戦略です。機能しているものと機能していないものを特定し、集中するか、削減するか、修正するかを決めます。 しかし、製品の革新にデータを使用することになると、多くの場合、チームが使用するツールと必要なデータの間に不一致があります。 多くの場合、企業はプロダクトアナリティックスソリューション(Mixpanelなど)の代わりにマーケティング分析ソリューションであるGoogle Analyticsを使用してユーザーの行動を理解したいと考えていますが、ほとんど機能しません。 通常のシナリオ: A社は、データ主導の考え方をマーケティングから製品開発に拡大したいと考えています。 プロダクトアナリティックスソリューションを実装することをお勧めします。 Google Analyticsはすでに広く使用されており、マーケティングチームに愛されているため、A社はプロダクトチームの要件もGoogle Analyticsで満たされると考えました。 タグ管理ソリューションを使用して、プロダクト内の特定のユーザーアクションを追跡するための回避策をハックします。 これらの特定のアクションが実行される回数と頻度に関する一部のデータは、Google Analyticsに組み込まれ始めます。 それは始まりですが、それだけでは十分ではありません。 データは実用的ではありません。 6か月後、チームはプロダクトイノベーションのためにデータに基づいた決定を行うためのユーザーの行動について必要な答えをまだ持っていません。全ては正方に戻ります。 Google Analytics が価値のあるソリューションではないというわけではありません。 プロダクトチームがユーザーの行動を追跡して理解するのは適切なソリューションではないということです。 Google Analytics は基本的マーケターがユーザージャーニーの最初の部分(ユーザーがどこから来ているのか)を理解するために構築されたマーケティングアナリティクスソリューションです。 ただし、ユーザーが特定のプロダクトをどのように利用しているかについての質問に答えるために設計されたツールではありません。 このため、チームには、カスタムイベント追跡、コホート分析、ユーザーパス比較、柔軟なセグメンテーションなどのすぐに使用できる機能を通じてユーザーの行動を追跡、測定、分析するように設計された専用のプロダクトアナリティックスソリューションが必要です。 Google Analyticsとプロダクトアナリティックスソリューションの違いは何ですか? Google Analytics グーグルアナリティクスは間違いなくマーケティングアナリティクスソリューションの王様です。 どんな会社にも聞いてみれば、大多数はある時点でそれを活用しているでしょう。 Google Analyticsは、次の3つの異なる製品に分割できます: Google Analytics:これは、ほとんどの企業やマーケターが精通しているGoogle Analyticsの無料バージョンです。 Google Analytics 360:これはGoogle Analyticsと同等の有料階層であり、Display&Video 360との統合、キャンペーンマネージャー、Bigqueryの統合、サンプリングの削除など、より高度な機能を提供します。 Firebase:アプリ追跡のためのGoogleのソリューション。 使用する製品に関係なく、これらはすべて、マーケティング担当者がどのマーケティングイニシアチブが望ましい結果を促進するのに役立っているかについての洞察を提供するように設計されています。 主な目的は、マーケターがトラフィックストリームを最適化し、マーケティング予算、努力、行動を最大の結果をもたらす手段(アトリビューションとも呼ばれる)に適応させることです。 Google Analyticsは、マーケターが直帰率やセッションなどのKPIや、ファーストタッチアトリビューション(ユーザーは何処からくるか)を追跡するのに役立ちます。 上記の例からわかるように、Google Analyticsからのデータと洞察はトラフィックソースと獲得に焦点を合わせており、「行動」情報は直帰率、セッション、平均セッション時間などのかなり一般的な指標に集中しています。 Google Analytics製品は、ページビュー数、サイト滞在時間、目標とトランザクションの完了などのマーケティングKPIに関する非常に強力なレポートを提供しますが、エンゲージメント、リテンション、コンバージョンなどのプロダクトKPIについては十分ではありません。 Google Analyticsの2つのバージョンに加えて、Googleは最近、アプリとウェブのデータを組み合わせて統合レポートを作成するApp + Webと呼ばれる新しいプロパティタイプを導入しました。 特にアプリベースのプロダクトを使用している企業にとっては、有望に聞こえます。 でもよく見ると、決してそうではないかもしれないです。 最新のApp + …