グループアナリティクス

個々のユーザーの行動を分析するだけにとどまらず、アカウントやデバイス(あるいは他の方法)でデータをグループ分けしてビジネスを評価します。アカウントの正常性に関する質問に答える、資産の生涯価値を計算する、企業(プロダクトやサービス)の採用を促進する、その他多くのことを行います。

group-analytics-hero-1
accounts-ompanies@2x-1
アカウント分析と企業分析

アカウントの正常性を測定して改善する

離脱のリスクが高いアカウントと比較してエンゲージメントの高いアカウントがどのようなものかを理解して、ビジネスの健全性についての全体像をつかみます。アカウントのエンゲージメントを高める機能を特定し、どのアカウントに対してプロダクト機能の採用を促すキャンペーンを実施する必要があるかを確認します。

shared-devices-1
共有デバイス分析

より良い予測のために資産またはデバイスのアクティビティを追跡する

各月のレンタルバイクの平均利用回数、レンタカーの点検・整備頻度、またはサーモスタットにアクセスする1週当たりのユーザー数を測定します。そうしたインサイトを利用して、ハードウェアの製造を予測したり各資産の耐用年数を把握したりします。

two-sided-market-1
両面マーケットプレイス

買い手と売り手の行動を理解する

様々なカテゴリーのユーザーが貴社のプロダクトをどのように利用するかを追跡します。何人のユーザーが貴社のプラットフォーム上で商品を売買するかを把握したり、ライダーやドライバーが貴社のモバイルアプリを操作する方法を分析したりします。

account-level-retention
アカウントレベルのリテンション

特定のアカウントが他のアカウントよりもリテンション率が高い理由を知る

Saasツールを実装するエンジニアといった一部のユーザーは、セットアップ後に貴社のプロダクトからチャーンする場合があります。それは、必ずしも悪いことではありません。アカウントごとにリテンション率を見ることで、どのアカウントがユーザーを保持しているかが分かりますので、自然発生したユーザーチャーンによって結果が影響されることはありません。あるいは、アカウント担当者別または業界別に、どのアカウントが最も高いリテンション率かを調べます。

expanded-criteria-for-message-testing
メッセージターゲティング基準の拡大

アクティビティまたはその他のグループを使用してターゲティング基準を設定する

新しいサプライヤーからのスクーター群に機械的な問題があることを発見したら、過去30日間に欠陥のあるスクーターをレンタルしたユーザーのコホートを作成します。そうしたユーザーがチャーンする前に問題に対処するために、無料ライドクーポン付のターゲットを絞ったメールを送信します。

柔軟な分析

データを分類する最大6つの方法を選択します。

すぐに始める

セットアップは簡単です。すぐ使い始めることができるように当社がデータを埋め戻します。

簡単なメンテナンス

別々のプロジェクトに分ける必要はありません。分析するエンティティを切り替えるだけです。すべてを1つのプロジェクトにまとめることができます。

使い始める

グループアナリティクスのデモを申し込むにはセールスにお問い合わせください。セットアップについてはカスタマーサクセスマネージャーにご連絡ください。どのような仕組みかについて詳しくご覧ください