Mixpanelを選ぶ理由

Mixpanelは、最も洗練された使いやすいコンバージョンとプロダクトアナリスティクスを提供します。なぜ多くのお客様が、より優れた製品やユーザーエクスペリエンスを生み出すために、Google AnalyticsFirebaseではなくMixpanelを選ぶかをご説明しましょう。

logo-mixpanel google-analytics-logo

複数のユーザーセッションでのシームレスなデバイス間のトラッキングとレポーティング。

リアルタイムでの分析に利用できるサンプリングされていない正確なユーザーデータ。

必要になったらその都度データを変換できる柔軟なデータモデリングレイヤー。

高度なコホートと経時的なコホートの追跡。

詳細な比較表を表示する
stevie-award@2x

受賞歴のあるMixpanelのサービスチームの詳細をご覧ください。

Google Analyticsでは不十分な理由

Google Analyticsでは、25に制限されていますが、Mixpanelでは、何千もの複雑なイベントやプロパティの追跡ができます。このため、高度なクエリを実行して、数秒で製品に関する強力なインサイトを発掘できます。MixpanelGoogle Analyticsに代わる最良のソリューションである確固たる理由があります。

funnels
業界トップのコンバージョン分析

ユーザーがコンバージョンする理由を把握する

Google Analyticsで必要となるファネルステップでの制限なしに、複雑な遡及ファネルをオンザフライで構築して分析します。クローズドファネルを簡単にスライス&ダイス(異なる視点の組み合わせによる試行錯誤的な分析)したり、コンバージョン率に影響を与える注目すべきユーザーセグメントをMixpanelに自動的に特定させたりします。コンバージョン分析の詳細については、こちらを参照してください。

Cohorts
高度なコホート分析

ユーザーコホートの傾向を測定して視覚化する

Mixpanelの高度なコホート能力により、複雑な行動セグメンテーションを数秒で行うことができます。パワーユーザーのコホートを作成して、新しい機能を宣伝したり、離脱のリスクが高いユーザーのコホートを作成して、チャーンする前にエンゲージさせたりします。

Flows@2x
詳細なユーザーフロー

高度なユーザーパス分析

Mixpanelを利用すると、開始イベントと終了イベント間でユーザーが取るすべてのパスを掘り下げて分析することが可能になります。ブラウザや国などのプロパティでデータをフィルター処理するか、パワーユーザーと新規登録者など異なるコホートのユーザーパスを比較して、ユーザーパスがどのように違うかを確認します。

causal-impact@2x
正確な影響分析

製品の影響を測定する

製品または機能のローンチによる影響を分析し、主要な指標に関するA/Bテストを行います。それにより、新機能のローンチや実験がKPIの改善を推進したか、それらを継続する価値があるかどうかについて確信を得ることができます。影響分析の詳細については、こちらを参照してください。

user-group@2x
プラットフォーム間のシームレスなトラッキング

ユーザージャーニー全体を理解する

ログイン以前に行われる最初のやりとりからログイン後のアクテビティまで、Mixpanelでは、複数のセッション間、デバイス間、プラットフォーム間でのユーザーインタラクションを追跡できます。これにより、ユーザーの全体像、より正確なコンバージョン指標やエンゲージメント指標を把握できるようになります。

MixpanelがGoogle Analyticsと違う点

logo-mixpanel google-analytics-logo

ログイン前のユーザーインタラクションからログイン後のユーザーインタラクションまで、複数のユーザーセッションにまたがるシームレスなデバイス間のトラッキングとレポーティングが可能です。

リアルタイムでの分析に利用できるサンプリングされていない正確なユーザーデータ。

Excelのようなシンプルなコマンドでデータを変換することで、アドホック解析を高速化する柔軟性のあるデータモデリングレイヤーです。

高度なコホート定義とコホートサイズの経時的な追跡が可能です。

ユーザーの年齢や性別に関する情報に加えて、オンライン旅行手配や購買活動にてユーザーが示した興味に関する情報を提供します。

機能のローンチとA/Bテストの有効性を分析できます。

ウェブトラフィックソースのアトリビューションを計測する高度な機能を備えています。

アカウント、デバイス、ビジネスに適したその他のエンティティ別にデータを分析する機能。

チームごとにフィルター処理したデータビューを作成し、チームレベルとユーザーレベルにてアクセス権を割り当てることで機密データへのアクセスを管理できます。

カスタムウェブダッシュボードを用いて、すべての重要な製品指標を1か所にまとめ、それらをメールダイジェストとして関係者と共有できます。